FC2ブログ

プルメリア日和

東京・目黒にある日本タイマッサージ協会、日本ルースィーダットン協会、癒しタイの情報の他、旅行記、現地からのタイ情報、スクール卒業生の感想や活動などをご紹介しています。

チェンマイ山ごもり日記【1】

1999-9-22 水曜日 AM8:05 スカイライナー出発前

なぜ、こんな旅を自分で企画したのだろうか。チェンマイまで行って山ごもりをするなんて!
今回タイに行くことは2カ月ぐらい前から決めてはいたが、とくに目的はなかった。のんびりとリラックスをし、タイマッサージでも受けて、滝に打たれて、今後の仕事や人生についてもう一度考えてこようと思っていた。特に治療院と自宅の引っ越し前だし、私の首のこりも限界にきているし、レントゲン検査では頸椎4番5番6番の間がかなり狭くなっていて、この引っ越しを機会に仕事の内容を少し変えないと、からだがもたないと思っていたからだ。2週間前テレビ番組の雷波少年で、崖っぷちバンド「ブルームオブユース」がロシアのバイカル湖湖畔で山ごもりを決行した。人間は本当に崖っぷちに立たないと本気を出さないのか?その番組を見ていたら私も山ごもりをしたくなった。極限状態で自分から何が出てくるだろうか?どこまで自分を直視し、自分と対面できるか楽しみだ。しかしジャングルの夜中は恐ろしいだろうなあ。


99-9-22 水曜日 PM4:50 バンコク国内空港待合室

ここまでのフライトで私は窓側の席だったが、隣の女性たちは皆、食前酒にワインを昼間から飲んで楽しんでいた。私は機内食の昼食をぬいてオレンジジュース一杯で6時間半かけてバンコクまできた。飛行機のタラップを降りてみると目の前にエルアルイスラエル航空の飛行機が止まっていた。懐かしさが込みあげてきた。ちょうど2年前ここバンコクで乗り換えて、またここから11時間をかけてイスラエルのベングリオン空港に向かったのだった。その時のイスラエルの係官の荷物のチェックの厳しさとしつこさは今でも忘れられない。チェンマイへ行く飛行機を待ちながらカウンターでオレンジジュースを飲んでいた。あたりを見回すと、リフレクスオロジー(足のマッサージ)の看板が目に入った。ちょうど隣がEXCHANGEでとりあえず1万円を両替した。約3840バーツだった。つまり1バーツ2.6円だ。そして、45分間370バーツ(約960円)のリフレクスオロジーをしてもらった。ここは狭い場所に四つの長椅子があるだけだが結構人気があり、かわるがわる人が入れ替わっていた。私の両隣は日本人だった。さすが日本人はマッサージが好きなんだなあと思った。

*バンコク国内線ターミナル

*おすすめ足のマッサージ

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する