FC2ブログ

プルメリア日和

東京・目黒にある日本タイマッサージ協会、日本ルースィーダットン協会、癒しタイの情報の他、旅行記、現地からのタイ情報、スクール卒業生の感想や活動などをご紹介しています。

タイの冷房事情

8月に入り、毎日暑いですね。
やっと東京も梅雨明けして、気温も上昇しているようです。
皆様、暑さで体調など崩していませんか?

暑い外から戻ってきて、お家の中の冷房は本当に生き返ります。
でも、あまりにも気温差が大きいと、かえって体の負担になっちゃいますので気を付けて下さいね。

タイは、皆様がご存知の通りとても暑いです。
バンコクの暑さは、結構厳しいモノがあります。
チェンマイなど、北の方へ行くとそれでも朝晩は過ごしやすかったりします。
タイは、暑い国であるので冷房を入れるという事が最高のおもてなしになります。
なので、ホテルやレストラン、マッサージ屋さんなどでは、本当にビックリするくらい冷房が強くて、寒いくらいです。
ですから、あちらに遊びに行く時は、薄手のカーディガンやショールなど、ちょっと羽織れるものを持って行くと
良いですよ。

一番辛いのは、マッサージ屋さんです。
寝ているだけなので、寒さが本当に辛く感じます。
せっかく気持ちの良いマッサージなのに、寒さが気になって気持ちよさがなくなってしまいます…。
マッサージをしてくれるセラピストさんが暑いので、それにあわせた温度設定になっていて、酷い時には直接体に
風が当たって、それはそれは寒い思いをします。

その時は、ちゃんと「寒い」と伝えましょう。
(cold…でも通じますし、ジェスチャーでも十分通じるとおもいます)
ちゃんとしたところだと、タオルを多めに掛けてくれたり、温度設定を変えてくれます。
または長袖のT-シャツを持って行って、あちらで着替える際には、それを下に着てから、あちらで貸してくれる
衣装に着替えるのも良いと思います。
我慢しすぎると、絶対に風邪引きますよ~。

さて、ただいま募集中のセラピストさんですが、まだ募集中です。
週5~4日働ける方で、明るくて元気でやる気のある方、是非お問い合わせ下さいね。
よろしくお願いいたします。

S.O

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する