FC2ブログ

プルメリア日和

東京・目黒にある日本タイマッサージ協会、日本ルースィーダットン協会、癒しタイの情報の他、旅行記、現地からのタイ情報、スクール卒業生の感想や活動などをご紹介しています。

タイ旅行記 2002.11. その6

11月 8日(金)

7時半に朝食。8時半ちょっと前にチェックアウトして、8時半にスクールに行く3人とそこでお別れ。先生と私はタクシーで国際線空港へ行き、そこで荷物を預けてから、国内線空港へと移動。10時50分の飛行機で、タイの南部の町ハジャイへと行った。そこからタクシーで海沿いの町ソンクラーを目指した。この町にあるワット・マチマワートと言うお寺に、ルーシーダットンの壁画があると聞いて、それを見るために、そして何故そこにその壁画があるのか、僧侶にお話を聞けたら…と思ってここまで来たのだ。このお寺に、ソンバット先生の親友である高校の先生が通訳をするために来て下さったのだ。ここで壁画をゆっくりと見て、僧侶の方にもお話を聞けて、お寺を後にした。

その後、ここのシンボルである人魚像を海岸まで見に行き、その先生が空港まで送ってくれた。フライトがちょっと遅れたが、大雨の中飛行機は無事バンコクへ。
バンコクに着いてから国際線空港に移動。チェックインした後、買い物したり食事をして、夜行便でバンコクを発った。今回は6日間で3カ所をまわった慌ただしい旅だったが、川辺さん、中村さん、増田さんたちと一緒にいる楽しさに救われ、短いながらもタイを満喫できた旅だった。そして、チェンマイ伝統病院の校長先生やワットポーの校長先生とも実りあるお話ができ、とても中身の濃い旅行となった。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する