FC2ブログ

プルメリア日和

東京・目黒にある日本タイマッサージ協会、日本ルースィーダットン協会、癒しタイの情報の他、旅行記、現地からのタイ情報、スクール卒業生の感想や活動などをご紹介しています。

タイ旅行記 2002.11. その4

11月 6日(水)

今日は7時半に朝食。そして9時に、タイマッサージスクール(TMC)へとルーシーダットン(タイ式ストレッチング)を習いに行く。4日に、フットマッサージをして貰った所だ。
彼女たちは、タイマッサージをする前に毎朝、このルーシーダットンをやっているそうだ。全部で15の動作を、呼吸に合わせてゆっくりとやっていくのだ。ちょっと苦しい動作もありましたが、体が伸ばされて気持ちが良かった。この日は午後早い飛行機でバンコクへ行く予定だったので、11時半には終了。彼女たちが作ってくれた昼食は玄米と菜食が中心でとてもおいしく、ありがたく頂いて、最後に先生方と記念撮影をして、お別れをする。
13時10分過ぎに、ヴィシャーンに送ってもらってチェンマイ空港へ。今回、ひどい風邪をひいていた彼だけれど、少し体調も復活してきていた様だ。
また来るね…と言って彼と別れ、私たちは一路バンコクへ。
バンコクはチェンマイに比べてやっぱり暑かった。
ホテルにチェックインして、まずは増田さん達が明日から通う、ワット・ポーのタイマッサージスクール申し込みに行く事になった。先生と増田さんがトゥクトゥク(40バーツ)で、中村さんと川辺さんと私はタクシー(37バーツ)でスクールへ向かった。手続きを終え、明日から彼女たちを教えてくれる先生ともお会いでき、その後はワット・ポーを見学してから、バンコクの中心地方面・サイアムスクエアにタクシーで行った。あちらはタクシーに5人乗っても(ドライバー含め6人…っていうことです)問題なし。

最初に夕食。最近、バンコクに来た時には必ず1回は食べに来るタイスキ屋さんへ直行!タイスキ…といっても、実際はしゃぶしゃぶに近い。野菜やお肉、フィッシュボールなどをお湯に入れて、煮えたらたれに付けて食べるのだ。ピリ辛のたれが、やみつきになる。

食事の後は、BTS(タイのスカイトレイン)に乗って有名なタニヤ通りの近くへ行き
(タニヤ通りは、日本のビジネスマンが多く訪れるため、日本語の看板が多い)、「有馬温泉」というタイマッサージ屋で1時間タイマッサージを受ける。ここは名前からも解ると思うが、お客さんの90パーセントが日本人である。なかなか激しいタイマッサージだった。先生がやって貰った人はとても上手だったらしい。まぁ、当たり外れはあるかな…。

その後、スターバックスでちょっと休憩して、タクシーでホテルに帰った。
私の部屋で、ちょっと色々とお話ししてから解散。さて、シャワーでも浴びて…なんて
考えていたらノックの音。誰かと思ったら、増田さんが「先生、ちょっと来て…。」とただならぬ雰囲気。どうしたのかと思って、彼女の部屋に行ったら、部屋の鍵が見あたらないと言う。このホテルは、鍵を部屋の中の決められた場所に置く事によって、部屋の中の電気が使える状態になるシステムを取っている。彼女がお風呂にお湯をためようと、お風呂の栓をした瞬間、部屋中の電気が消えたのだそうだ。彼女は間違いなく、鍵を取り付けたらしいのだが、暗がりの中、手探りで探したら、鍵が無くなっていたと言うのだ。彼女は完全に怖がっていて、何とか原因を解明しなくては…と、ベランダ(この部屋には、小さなテラスが付いていて、出られる様になっていた)に出るための扉まで行った時、鏡台の前に鍵が置いてあるのを発見。しかも、彼女のウエストバックとベストと一緒に置いてある。私が思うに、一度鍵を取り付けて、部屋の中の電気を付けた後、無意識に外して、荷物と一緒に鍵を置いたのではないかと…。もう、大爆笑だったが、彼女は怖くて、結局その日はお風呂に入らず、翌日の朝シャワーを浴びたらしい。

11月 7日(木)

朝7時半に、ホテル内のレストランにて朝食。
8時半に、スクールに行く増田さん・中村さん・川辺さんを見送ってから、私たちはタクシーでワット・ポーへと行った。小1時間、先生はそこでワット・ポータイマッサージスクールの校長先生への質問をまとめ、その横で私は観光客の人間ウォッチング。まだ9時前だというのに、観光客が来る来る…。日本人から欧米人、中国系の人達やタイの人まで、色々である。殆どがツアーコンダクターと共に来て、そこでワット・ポーに関する説明を聞き、あるグループは涅槃仏(あの有名な…)を見ていき、またあるグループは見ないで次のお寺に移動して行った。でも、このお寺に来て、涅槃仏(リクライニングブッダ)を見ないで帰るのってどうよ…と思ってしまった。もったいなさ過ぎ。

それからスクールに行き、校長先生とお会いして、色々とお話を伺った。インタビューはおよそ1時間半くらい。校長先生にお礼を言ってお別れし、3人に会うために上に上がった。驚いた事に、エアコン完備の部屋に変わっていた。私たちの頃は、自然の風が気持ちよかったのに…。どこもかしこもエアコン完備になってしまうのって、ちょっと残念。
しかも、ここに3人の姿がない。受付で聞いたら、昔の事務所がスクールになったらしく、そちらで勉強しているとの事。すぐにそちらに行ってみた。彼女たちを捜して居るうちに、3階で勉強している植松さん(第2期卒業生)と会ってビックリ!!偶然彼も、こちらに勉強に来ていたのだった。彼女たちは2階で勉強していた。植松さんも、彼女たちが来た事で嬉しかったみたいだ。ターティアンの船着き場まで、みんなでお昼ご飯を食べに行った。楽しかった!

その後、一旦ホテルに戻り、荷物を置いてから、病院内でやっているタイマッサージを受けに行った。(要予約)タイマッサージと、薬草タップのセットでお願いして、薬草タップも受けてみた。蒸した薬草パックで体中をタップして貰うのだが、部屋内部の冷房が強くて、タップされた所がかえって冷えてしまい、あまり気持ちが様とは思えなかった。

ホテルに戻って6時に私の部屋にみんなが集合。彼女たちは今日だけでもう、うつ伏せまで進んだらしい。これはかなり早いペースだ。明日の午前中には最後までいって、あとの3日半はひたすら練習になるらしい。
それからリバーサイドのレストランまで行って夕食。5人で食べる最後の夕食だ。オープンテラスの席で、美味しく食事をして、その後カオサンロードまで行ってお買い物。
ここは、世界中のヒッピーが泊まりに来たりしている所で、お店も充実している。実は、泊まっているホテルから割と近いのだ。歩いて10分くらい…かな!?
帰りはプラプラと歩いてホテルまで戻った。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する