プルメリア日和

東京・目黒にある日本タイマッサージ協会、日本ルースィーダットン協会、癒しタイの情報の他、旅行記、現地からのタイ情報、スクール卒業生の感想や活動などをご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

そそくさと…2008年タイ旅行記 第5弾!!

           P3260447.jpg        P3260454.jpg


これだけはbikkuri01どうしてもお伝えしておかねば・・・という旅の思い出がありますので、みなさま、もう少しだけおつきあい下さい まつもとです


この2枚のお写真、見て頂ければおわかりかと思いますが、これ、ゾウに乗っているんだゾウパオーム     ヒドイ
で、どうしてもお伝えしたかったこととは、私と同行者のさすらいのタイマッサージ者ことYさんをのせてくれたゾウパオームくん(女の子だったらごめんなさい)はとんでもない奴でして、我ら日本タイマッサージ協会一行は、4頭のゾパオームウさんでトレッキングを楽しむことになり、私たちは最後尾のパオームくんだったのです。

最後に出発した私たちでしたが、他の人達には日傘を渡していたのがなぜか渡されず、座れといわれたゾウ上の座席はびしょ濡れ…最初から他の人々よりも出遅れていたことにこのときはまだ、気付かないウブなボクタチ・・・

最初の難関。
必ずパオームさんたちがオケツをかいぃ~の~をしていく岩壁があって、みんなそこでオケツすりすり擦り付けてから行くんですが、私たちをのせたパオームくんはゴリンゴリン掻いたと思ったら、反転してコースを逆走し始めようとして、ゾウ使いの兄さんに止められておりましたが、私たちは、「あら面白いゾウさんだこと」くらいにしか感じておりませんでした・・・・・これから起こる恐怖も知らずに・・・・・・

少し行くとくねくね山道になり、そこで私たちは前にいたグループの人達に日傘を貸してもらい、良い感じに日よけが出来るようになりまひたそれこそ上機嫌なあたしたち

次に待ちかまえるは、道の両脇に生い茂る背の高い草木・・・。ちょっと静かすぎてむしろ怖。
なのに、パオームくんは、進むどころか「バナナをくれないと、進まないゾウ」(  …2回目 )と言わんばかりのゴネっぷりで、あれよあれよという間に、前には人っ子一人いなくなり、後ろにも当然誰もおらず。あまりの進まなさ加減にゾウ使いの兄さん、ゾウから降りてどこかへ行ってしまったのです・・・涙

ゾウと共に山の中に残された私たちの運命やいかにエエェッ!?!?

おろおろしてること数分、さっきの兄さん戻ってまいりました。ほっとしたのもつかの間、嫌がるゾウを無理矢理歩かせようとするもんだから、ゾウが何度も何度もウイリーを繰り返しまして、軽く遊園地のアトラクション体験。
そんな中、何を思ったゾウの兄さん。「ゾウの頭に直接のる?」ですって
確実に落馬ならぬ落象ですよ。
丁重にお断りをしている内に、ゾウパオームさんたちの休憩所のような大きな水樽(ゾウ1頭分は入るであろう大きさ)が何個もあるところにつき、先に行っていたみんなもそこにいたので、さあ一安心・・・と思っていた私たちがウブだったbikkuri01
さっきまで、歩くのをあんなにごねていた彼だったのに、先についていた他のどのゾウも近づいていなかった大きな水樽めがけて突進するかと思うくらいのイキオイで行ったかと思うと、い  き  な  りbikkuri01
水樽の中のにごり水を鼻で吸い上げ私たち(自分の頭?)に向かってびしゃあ~っっ
持っていた傘で必死に防御するも、傘に穴があいていることも手伝って、みるみるうちに水もしたたる素敵なガールズに・・・
激しい攻防戦を繰り広げていると、横から日本タイマッサージ協会一行のうちの1頭が私たち、bishonureガールズにまたもやびしゃあ~っ あれよあれよのzubunureガールズに・・・

耳やら鼻やらそこかしこに水が入り込んだ後、やっとこさ再出発。
一番最後に出発したはずの私たちでしたが、見事なショートカット、華麗なスパートによりぶっちぎりの一位ゴールを果たした彼に対し、「ゴネパオーム」の称号を授け、その伝説をここに記すのであった・・・

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。