プルメリア日和

東京・目黒にある日本タイマッサージ協会、日本ルースィーダットン協会、癒しタイの情報の他、旅行記、現地からのタイ情報、スクール卒業生の感想や活動などをご紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

チェンマイ山ごもり日記【5】

99-9-26 日曜日 AM8:00 山の中

昨日は、あのあとせんべいを少し食べて夕食にしてしまった。しばらくテントの中で休んでいると夜だというのにまわりがかなり明るいではないか。外に出てみると雲の間から満月が顔をだしている。そしてその光はまわりの雲をとうしてジャングル全体に降り注いでいる。ものすごくきれいな光景だった。おもわず写真を撮り、その後,月に向かって呼吸法を行った。太陽のときとはちがいとても澄み切った感じがした。その後久しぶりによく寝れた。明け方雨が激しく振り出しその音で5時ごろ目が覚めた。テントのうえのシートに雨が当たるため、かなり大きな音だった。突然稲光があり10秒ぐらいしてからごろごろと音が遠くでなっている。しばらくしてから太陽が出てきたので朝の呼吸法を行う。ここからの呼吸法はとても気持ちが良い。本当は今日帰るかもう一晩泊まるか悩んだ。いままでは自分のために山ごもりをしてきたが、これからは自分以外の人のために滝に打たれようと思った。雨が降ったせいか滝の水の量が多くいつもより冷たい。   
テントを張ったところからの夜景

チェンマイの町と満月が美しい

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

チェンマイ山ごもり日記【4】

99-9-25 土曜日 AM10:50 山の中 テントの中

今日は朝7時半ごろやっと起きられた。昨日は早めに寝たが、夜中何回も目が覚めその度にテントの中から外を見ていた。何回見ても空が明るくなる気配はなかったが、そのうちにうつらうつらして気がついたら朝7時半になってしまっていた。1口水を飲み、目の前のチェンマイの街が見える所で体操と呼吸法をやった。雲がとても厚く太陽は顔を見せていなかったが「太陽の呼吸法」をして集中をしたら雲の切れ目から太陽のシルエットが見えてきた。その後太陽に感謝して合掌をしていると目の前の色がとても鮮やかなグリーンとブルーの中間色になった。とても透明感があり素晴らしくきれいな色だった。あんなきれいな色は今まで見たことがない。そして滝のところまで下り、天山派中級拳を練習して、気合を入れ テントの近くで「太陽の呼吸法」を行う
て滝に打たれる。今日はいつもより水が冷たく感じた。滝に打たれながら今後の治療法について考えていた。今までよりももっと体と心と深い会話ができる治療法にしたいと思っていた。その人のその日の体調に合わせて、より悪いところを重点的にほぐす治療法のほうが良いのではないかとも思った。今までは全体的に調整を行い、自己免疫力を高めるのが目的だったが、もう一段階上の治療にしてみたいと思った。ここにいて外を見ていると本当に飽きがこない。今はカマキリが出てきてくれた。それも必死で枯れ枝の格好をしてごまかしている。それを見ていてとてもおかしくなってしまった。毎日山を上り下りしているとおしりから太腿の後ろ側にかけての筋肉をかなり使っているのがよくわかる。少し筋肉痛がある様だ。そうだ思い出した。今日呼吸法をしている最中に突然骨盤の位置が変わった。以前は少し下っ腹が前に出ていた感じだったがスッーと真っ直ぐになったようだ。滝に打たれているときも座っていて腰がいつもより入りやすかったし正しい姿勢が取れた。

つづきを表示

PageTop

チェンマイ山ごもり日記【3】

99-9-24  金曜日 AM11:30 山の中 滝の上

昨日はあのあと11時ごろに寝ようと思ったがなかなか寝付けず何回もチェンマイの夜の灯りを確かめては、うつらうつらしていた。夢を少し見たから時々は寝ていたのかもしれないが空が少し明るくなるまで眠れなかった。やっと起きれたのが7時半。岩の上にテントをしいたせいか下が固く腰が少し痛い。起きてすぐ山を下りて、呼吸法と八卦掌をしてから滝に臨む。途中また雨が降ってくるが気にならない。天地人の呼吸法でやっと地面の上つまり地球の上に立っている自分を意識できるようになった。いままでは単に頭の中だけで自分を客観的に見ていたような気がしていたが、今日は実際に実感できた。滝に打たれ、昨日よりも恐怖心が少しやわらいでいるような感じがした。ゆっくりと呼吸ができたし、上から何か落ちてくるかどうかはあまり気にならなかった。もし自分に予知能力があれば、そんな問題も解決できるのかなあと思った。またもし自分に守護霊がついていれば,そんな時知らせてくれるのだろうかとも思った。しかし自分に守護霊がいるかどうかもわからない。今日は八卦掌をしたせいか、体が温まっていて滝の水の冷たさが感じなかった。しかし首と三角筋のこりはよく感じる。ここが一番仕事で使うところだからなあ。朝、クルミをかみ砕いてアリのいる近くにまいておいたら、今アリの大群がそれに群がり自分たちの巣へと運んでいる。ここジャングルでは、地面をよく見ながら歩かないとアリや他の生き物が平然と歩いていて、踏みつけそうになってしまう。ここは彼らの家の中同然の場所なのだ。

つづきを表示

PageTop

チェンマイ山ごもり日記【2】

99-9-23  木曜日 AM8:25 モントリーホテルJJレストラン

きのう、夜6時半ごろ無事チェンマイのホテルにつき、山ごもりの用意をしていると、チェンマイ大学の友人ソンバットから電話があり、これから15分位でここにくるという。一緒に軽く食事をし、今回の予定を話すとソンバットは少し心配ぎみに語った。まだ雨期は終わってないし、山は危険で殺人事件も多いし、蛇もでるし、もっと郊外でリラックスできるところがあるから、そういうところに行ってみたらとアドバイスをくれた。でも私はそういうところには滝がないからと言ってことわった。また会う約束をしてわかれ、水4.5リットル、オレンジジュース1リットルを買って、明日の準備をした。夜寝る前にこれからのことを考えていると、山でテントを張り雨がひどく降り出しテントのうえに木が倒れてきたらどうしようという恐怖心で頭の中がいっぱいになった。

つづきを表示

PageTop

チェンマイ山ごもり日記【1】

1999-9-22 水曜日 AM8:05 スカイライナー出発前

なぜ、こんな旅を自分で企画したのだろうか。チェンマイまで行って山ごもりをするなんて!
今回タイに行くことは2カ月ぐらい前から決めてはいたが、とくに目的はなかった。のんびりとリラックスをし、タイマッサージでも受けて、滝に打たれて、今後の仕事や人生についてもう一度考えてこようと思っていた。特に治療院と自宅の引っ越し前だし、私の首のこりも限界にきているし、レントゲン検査では頸椎4番5番6番の間がかなり狭くなっていて、この引っ越しを機会に仕事の内容を少し変えないと、からだがもたないと思っていたからだ。2週間前テレビ番組の雷波少年で、崖っぷちバンド「ブルームオブユース」がロシアのバイカル湖湖畔で山ごもりを決行した。人間は本当に崖っぷちに立たないと本気を出さないのか?その番組を見ていたら私も山ごもりをしたくなった。極限状態で自分から何が出てくるだろうか?どこまで自分を直視し、自分と対面できるか楽しみだ。しかしジャングルの夜中は恐ろしいだろうなあ。

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。